聴診器とパソコン

最近では足のむくみを解消する着圧ソックスや足裏シートなど自宅で手軽にケアできる商品が女性の間で人気が出ています。
足のむくみは長時間立ちっぱなしだったり座りっぱなしだったりと同じ姿勢を続けていることで起こりやすくなりますが、女性に多い体の冷えや、ヒールの高いパンプス等もむくみの原因になると言われています。
足がむくみは本来、体中を巡回している血液やリンパ液の流れが悪くなることによって起こるものです。
着圧ソックスはひざ下タイプのものが多く、履いているだけで足の血流を改善させる効果があり、中には就寝時に着用するタイプのものもあります。
むくみが原因で足が太く見られるのを嫌い敏感にケアしている女性が多いことがうかがえます。

足の血流を良くしてむくみが解消する程度であれば日頃のケアで十分ですが、下肢静脈瘤のような血管の病気によるむくみの場合には専門の医療機関で適切な治療が必要となります。
下肢静脈瘤は足の静脈にある弁が何らかの理由によって正常に機能しなくなることで起こります。
弁が機能しないことによって足の静脈の中で血液がこぶのように溜まってしまい、ひどくなると見た目にもわかるほど大きな静脈瘤がいくつも出来てしまうこともありますし。
また、進行すると潰瘍が出来たり血栓ができて他の病気を併発する恐れもあります。
一度機能不全を起こした弁は自然に修復することはないので、重症化する前に専門の医療機関で適切な治療を受けることが大切です。

下肢静脈瘤の専門は血管外科になります。
静脈瘤かどうかわからない場合には、かかりつけのクリニック等でまずは相談してみると良いでしょう。
血管外科ではまず静脈瘤かどうかの検査が行われます。
治療法はいくつかの種類がありますが、最近主流になってきているのがレーザーを使用した方法です。
従来は全身麻酔を使用しての外科的手術が主流でしたが、レーザーの場合は局所麻酔で済むため入院の必要もなく、体への負担も少なくて済むと言うメリットがあります。
また、症状が比較的軽度の場合や予防のために医療用弾圧ソックスを取り扱っている医療機関も多くなっていますし、手術後は一定期間弾圧ソックスの着用を勧めている医療機関もあります。

オススメリンク

様々な療法がある

下肢静脈瘤の治療は、症状が軽度のうちは、注射1本で済みます。流れが悪くなっている静脈に、硬化剤を注射するだけで…Read more

早めの受診が大切

血液は、生きている限り常に流れ続けていますが、生活習慣によっては一部の血管において流れが滞ってしまうことがあり…Read more

関連リンク

カテゴリー